日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不夜城
不夜城 (日本:1998年)

監督:李志毅

出演:金城武(健一)/山本未来(夏美)/椎名桔平(富春)/鈴木清順(葉)
   /エリック・ツァン(元成貴)/他

物語:アジアの様々な人種が溢れる新宿歌舞伎町の裏社会に劉健一はいた。
ある日、かつての健一の仲間富春が新宿に戻ってきたという噂を聞く。
富春は上海マフィアのボス元成貴の右腕だった男を殺し逃亡していたのだ!
その富春が新宿に戻ったという噂を元成貴も聞きつけ昔の仲間だった健一にも
元成貴はおどしをかけてきた。そんなおり健一の元に夏美と名乗る謎の女から
「買って欲しいものがあるの..」と連絡がある...。(ネットを参考に)



感想 :金城武はこういう映画(映像)は似合うのだけど、なんか劇中から緊迫感は無くなってしまいますね。甘いマスクが理由だからか??こういった映画で感じる「どろどろの裏社会感」が薄目なので、女性にも観やすいのかもしれない..とも言える。当時の新宿駅西口の段ボールハウスは、今は綺麗さっぱり無くなっていますが、映像からみるとかなり凄かったのですね。いつも横を通っていたので「当たり前の光景」だったのですが、この映画で「うわぁ~すげぇ~」と驚いた。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。