日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理由
理由 (日本:2004年)

監督:大林宣彦

出演:
柄本明(片倉義文)/渡辺えり子(片倉幸恵)/真鍋卓也(片倉春樹:長男)/菅井きん(片倉たえ子:祖母)/寺島咲(片倉信子:長女)/山田辰夫(小糸信治)/風吹ジュン(小糸静子)/厚木拓郎(小糸孝弘)/赤座美代子(小糸貴子)/永六輔(有吉房雄:店主)/村田雄浩(石川巡査)/麿アカジ(あきら玩具元店主)/東郷晴子(玩具店店主の妻)/綾田俊樹(砂川信夫)/古手川祐子(里子:秋吉勝子)/加瀬亮(八代祐司)/大和田伸也(佐藤義男)/松田美由紀(佐藤秋江)/久本雅美(葛西美枝子)/多部美華子(篠田いずみ)/岸部一徳(管理人)/峰岸徹(秋吉克之)/吉行由美(克之の妻)/祐木奈江(住人匿名B子)/小林聡美(北畠敦子)/風見章子(北畠智恵子)/南田洋子(石田キヌ江)/勝野洋(石田直澄)/片岡鶴太郎(石田直澄の父)/宮崎将(石田直己:直澄の長男)/宮崎あおい(石田由香里:直澄の長女)/伊藤歩(室井綾子)/左時枝(室井敏子:綾子の母)/細山田隆人(室井康隆:綾子の弟)/ベンガル(室井睦夫:綾子の父)/加藤智恵里(室井祐介:赤ん坊)/立川談志(室井辰夫:綾子の祖父)/中江有里(作家)/小林稔侍(戸村弁護士) /石橋蓮司(早川一起:一起不動産社長)/柳沢慎吾(占有屋の若い男)/島崎和歌子(占有屋の若い女)/他

物 語:
1996年6月2日、東京23区に大雨洪水警報が発令された夜。荒川区の超高級マンション"ヴァンダール千住北ニューシティー“2025号室で殺人事件が発生した。住人台帳によると、殺されたのは小糸家の一家4人--!その後の捜査で彼らは全くの別人だと判明する!!高層マンションで「隣人」はどんな人なのかもわからない現代においてだからこそ複雑にからみあう人の絆が浮き彫りに。~殺人事件の全容とそれを巡る人々の絆を、圧倒的多数の登場人物の証言によって描き出す人間ドラマ。~(goo映画を参考に)
感 想 :
もの凄い、登場人物の数。終わってみればそんなに複雑な関係図ができあがるわけではないのですが、はじめて観ている立場からすると「だんだんと不安に」「ダレが誰だか??」になりそうでした。上記のような出演者の数だと演技に温度差を感じてしまったりもしますが、本作はムードを壊すことなくまとまっていて、事件の謎・真実が目の前で解かれていく様がツボにはまると心地よい。ただし事件の本質は都会に潜む病んだ部分が暴かれるため少々重めなストーリーになっています。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。