日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天国の青い蝶
天国の青い蝶 (カナダ・米国・英国:2004年)

監督:レア・プール

出演:
ウィリアム・ハート(アラン・オズボーン:昆虫博士)/パスカル・ブシェール(テレサ:母)/マーク・ドナート(ピート・カールトン少年)/ラウル・トルイロ(アレホ:案内役)/マリアネッラ(ヤナ:娘)/他

物 語 :
10歳の少年、ピート・カールトンは末期の脳腫瘍に侵され、もはや余命いくばくもない体だった。「どうして、僕だけが…」。外で遊ぶ他の少年たちを見ながら、彼は自分の不運を嘆く。しかし、そんな彼にも、かなえたい夢があった。それはこの世でもっとも美しい青い蝶、ブルーモルフォに、自分自身の手で触れること。蝶が大好きなピートは中南米の熱帯雨林にしか生息しないその幻の生き物を、命あるうちに見たいと願っていた。(goo映画より抜粋)
感 想 :
昆虫好きや野鳥好きにはたまらない映像が満載で普通に楽しく観ていくのだが、何となくトントン拍子にコトが進んで行き、意味深ながらも深みが無いように感じられる....あっさりした作品でした。最期に訪れる奇跡に結びつく伏線というのか、監督さんの解釈といったものが盛り込まれていれば強引にでも納得できたかも知れない。
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。