日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベランダ好奇心 11/19 土曜~
土曜日は朝から雨
ベランダには深夜までずっと一部の首の毛がない鯖トラ
(以後、ケニャン)が居座っていたが日付が変わって
日曜深夜に何処かへ出掛けたようだ。
その数分後に兄妹猫のホルスタイン柄(以後、ホルス)と
白半分の鯖トラ(以後、白サバ)が来たけれど僕をみて
雨で濡れたベランダを滑りながら逃げた!そのまた後に
ハンポ君がダンボールに帰宅、ハンポ君は最近は来ないと
思っていたのですが、もしかして僕が眠った後にやって来て
目覚める前には立ち去って居たのかもしれません。

1号一家の猫達とは違って、最近来る猫達は親戚なのか?
ベランダで鉢合わせしても必死にテリトリーを守るような
行動はおこさず2匹以上が同時に居る事もある。
ホルスなんてハンポ君が利用している段ボール箱に
勝手に入ったりもしているようだし、ホルスと白鯖達はまだ
成猫のルールが身に付いていないのかな?
ある時などはケニャンが近づきすぎたホルスに近づくな!と
鳴いていたけど2匹ともそのままソコに居座ったし...
まだまだ何考えているのか判らない猫達です。

現在11/20日曜日am4:42ベランダにはハンポ君が段ボール
の中に、その箱の前にホルスが丸まって寝ているようです。
彼等迄の距離2m位で、ベランダの窓は半分あけた状態です
がホルスのイビキが聞こえてくる...
兄妹猫は近い範囲で行動している様子だけれど、一緒に
固まって寝たりはしていないのがこれで判った...
ホルスは初めての冬を向かえるのだと思うけれど、寝床は
もう少し工夫しないと寒さに耐えられなくなるのでは?と
少し心配してしまいます。
ハンポ君の近くにいつもいるのは何故なのだろう?
スポンサーサイト

テーマ:猫観察記 - ジャンル:日記

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。