日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・ヴィンチコード
ダ・ヴィンチコード(アメリカ:2006)

スタッフ
監督:ロン・ハワード
出演:
トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)/オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)/イアン・マッケラン(リー・ティービング)/アルフレッド・モリーナ(アリンガローサ司教)/ユルゲン・ポロホノフ(ヴェルネ)/ポール・ベタニー(シラス)/ジャン・レノ(ベズ・ファーシュ警部)/他

物 語
講演会のためパリを訪れていたハーヴァード大学教授のラングドン。突然、深夜にフランス司法警察のファーシュ警部に呼ばれ、ルーブル美術館に連れ出される。美術館長のソニエールが殺され、彼に捜査に協力して欲しいとの要請を受けるが、実は、ラングドンも容疑者にされていたのだった。そこにソニエールの孫娘で、暗号解読者のソフィーが現れる。ソフィーは、現場の写真を見て、祖父が自分だけに分かる暗号を残したことに気付く...。(goo映画より抜粋)
感 想
話題の「ダ・ヴィンチコード」を久しぶりの映画館にて鑑賞。公開前からスカパー!などの特集番組などを観てしまっていたからなのか、ダ・ヴィンチ作品の謎の部分に「驚き」を感じる事ができず、純粋に楽しむ事を妨げられてた印象。映画のストーリーとしてはミステリー&真実色8:トレジャーハント&アドベンチャー色2。くらいのバランスかな~?

このジャンルでもっとエンターテインメント風が好みなら「ナショナルトレジャー」。完全なるアドベンチャーなら「インディージョーンズ」。そんな感じだと思いました。

信仰心が強い人には人生をひっくりかえされるような思いがするのでしょうか?それも、その国の文化や信じるものの違いによって様々なんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。