日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TAKEN
物語
1947年ロズウェル事件を発端に3世代、4世代と子供等にまで引き継がれ語り継がれ、「エイリアンによる拉致」「政府の陰謀」などに翻弄されながらも「特別な存在の彼女」にたどり着きその結末に行き着くまでの大河ドラマである。


http://www.axn.co.jp/taken/



年末年始にスカパーにて録りためしておいた「TAKEN」をやっと観賞し終わった。
かなり壮大な大河ドラマの構成なので、各世代の主人公たちに感情移入とドラマチックな彼らの最後に衝撃を覚えたりと、扱う素材の割には静かな展開なのに、観ている者の
心の中はかなり「なにぃ~っ」という展開がちりばめられていました。
「X-ファイル」が濁してしまった(逃げた?)「一つの明確な応え」を示してくれるので
最終話のラストはハンカチ必須な展開でした。
各世代の主人公たちは、それぞれ前世代の主人公たちに喰われる事もなく、結構カッコよかったり、かわいかったり....。
とにかく、やはりダコタ・ファニングって子は凄いなってのを痛感できます....。

第1話「空の彼方に」 Beyond the Sky
1944年、キーズ家のラッセルは、戦争中に不思議な光と遭遇。47年、ロズウェルでは謎の飛行物体の墜落事故が発生、クロフォード家の軍人オーエンが捜査にあたる中、衰弱した身元不詳の男がクラーク家に現れる。


第2話「運命の子供達」 Jacob and Jesse
50年代、キーズ家のラッセルと息子ジェシーは人体実験のため、度々エイリアンに誘拐される。一方、宇宙船の動力を探る軍人オーエンは、クラーク家の主婦サリーとエイリアンの間に生まれたジェイコブに近づく。

第3話「大いなる希望」 High Hopes
1962年、宇宙人調査計画が存続の危機に瀕し、必死になるオーエン。彼の部下はジェイコブの行方を追いモンタナへ。一方、空軍基地へ出向いたラッセル、ジェシー父子は自分達の脳に同じ腫瘍があることを知る。

第4話「恐怖との遭遇」 Acid Test
1970年、オーエンと長男エリックはミステリーサークルの調査に、次男サムはUFOの破片に刻まれた文字の謎を追い、アラスカの発掘現場に赴く。一方、ベトナム戦争帰りのジェシーは麻薬中毒になっていた。

第5話「メンテナンス」 Maintenance
1980年、エリックは父から引き継いだ、宇宙人極秘調査を進めていた。母サリーの死に際に、ジェイコブは自分の正体を兄と姉に明かす。再び宇宙人に拉致されたジェシーは、妻にこれまでの経緯を打ち明けるが…。

第6話「新たな世代へ」 Charlie and Lisa
極秘調査の証拠品を奪われたエリックは軍を追われる。ジェイコブが死んだ後、娘リサはトレーラー暮らし。ジェシーの息子チャーリーは父同様度々拉致される。リサとチャーリーは、後に宇宙船の中で出会うことに。

第7話「神の方程式」 God's Equation
至現在。チャーリーとリサが再会し、二人は催眠療法により宇宙船内での出来事を思い出す。エリックの娘メアリーは、ウェイクマン博士と宇宙人調査計画を続行。彼らはリサの9歳娘、アリーの誘拐を企んでいた…。

第8話「究極の罠」 Dropping the Dishes
リサ達を守るために、敢えてメアリーに同行するアリー。その後アリーの身柄は、UFOの追撃作戦を準備する軍の下に移され、メアリーはプロジェクトから外される。リサとチャーリーはアリーの居場所を捜す。

第9話「邂逅」 John
軍に撃沈されたUFOに乗り込むメアリーと兵士たち。様々な幻覚を目にした彼らが外に出ると、UFOは機能を回復させ、アリーを連れ飛び去ってしまう。アリーを助けに来ていたリサとチャーリーは、ビアーズ将軍に連行されるのだが、実際は…。

第10話「新たな家族」 Taken
エイリアンは何故人間を拉致し続けたのか?遂に彼らの真の目的が明らかになる!姿を現した宇宙人ジョンや両親らと逃走劇を続ける中、アリーの体力は弱まっていく。彼女を守ろうと立ち上がった人々を前に、アリーが下した決断とは…!?
<公式HPより>
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。