日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤毛のアン アンの結婚 を観賞。
赤毛のアン/アンの結婚(カナダ:2000年) ★★

監督:ステファン・スケイニ
出演:
ミーガン・フォローズ(アン・シャーリー)
/ジョナサン・クロンビー(ギルバート・ブライス)
/シュイラー・グラント(ダイアナ)
/グレッグ・スポッティスウッド(Fred Wright)
/ジャネット・レイン・グリーン(Maud Montrese)/他

物語 :
プリンス・エドワード島、アボンリー。アンはマリラの
死後、はじめて帰郷した。ニューヨークの病院で外科医
として働くことになった婚約者のギルバートは、自分と
一緒に行ってくれるようアンを説得する。そのために、
ギルバートは大手出版社にアンの働き口を手配していた。
しかし、そこで編集者として働くことになったアンは自
分の原稿をやり手ライターのジャックに盗まれてしまう。
一方、ギルバートも大都会の病院で横行する政治の渦に
翻弄され打ちのめされる。夢破れた2人はプリンス・エド
ワード島へと戻り、結婚する。しかし、ほどなくしてギ
ルバートは戦場へと発ち、そのまま行方不明になってし
まう。アンはギルバートの足跡を辿ってフランスへ渡る
が…。(goo映画より抜粋)

感想:
赤毛のアンの原作は読んだ事が無く、名作劇場アニメー
ションの赤毛のアンを好きで観ていた程度の知識でした
が、本作は「アンの青春」までのイメージを壊すかのよ
うな、ものすごい展開をします。子供の頃から「個性的」
で、今に思えば「将来、何者にかはなるタイプの存在」
の人って何人か観た事があるけれど、主人公のアンも本
作を観て、納得する部分が得られました。マニラやマシ
ューが存在しない、赤毛のアンはいつか訪れる、時代の
移り変わりを自分達にも置き換えて想像できるようで、
少々しんみりします。

2009.3.12---スカパーch.312ムービープラス


スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。