日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青空のゆくえ
青空のゆくえ (日本:2005年)

スタッフ
監督:長澤雅彦
出演:中山卓也(高橋正樹)/悠城早矢(鈴木貴子:おっかない女?)/多部未華子(河原春菜:酒屋の娘)/森田彩華(速見有美:女子バスケキャプテン)/黒川芽以(高橋亜里沙:委員長)/西原亜希(市田尚子:帰国子女)/佐々木和徳(杉原雄太:正樹の親友)/三船力也(山下勝也:矢島を追い込んだ?)/橋爪遼(矢島信二)/市野世龍(野辺稔:担任)/山本茉央(河原百合子:春名の姉)/岡村洋一(河原平蔵:春名の父)/目黒真希(勝也の母)/竹井みどり(河原富子:春名の母)/他

物 語
東京・三軒茶屋、夏休み....。大切な友達が転校することになった。いることが当たりまえだった友達が居なくなることで知る心の声。
伝えたかった気持ち....。心の中に留めた想い....。叶わなかった願い...。
人を好きになることがどんなに苦しいか知った夏。
この先、幾つの出逢いと別れを経験してゆくのだろうか....。
どこまでも高く澄んだ青空の下、みんなで過ごす最後の夏が、今はじまる。
(公式HPオープニングより)
レビューは「続きを」

あおぞらのゆくえ


一人の好青年が引っ越すと発表されてからザワつきはじめる5人の少女達の心模様と1+3人の男の子の青春ストーリー。始まって暫くは高橋正樹のモテ男ブリにちょっと退く印象もありましたが、作品事態の純粋さと、それぞれが個性的で最初から友達同士ではなかった女の子達が物語をとおして仲良くなって行く様子に素直に感動できました。鈴木貴子・速見有美の2人を途中まで同一人物だと思っていたため多少混乱もしましたが、10代の青春ストーリー好きな方にははずせない1作になるかも知れませんよ。

その他の映画のレビューは「LINK」の「好奇心のゆくえ」でどうぞ!
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
こんばんは。
TBしていただいてありがとうございました。
こちらからもTB返させていただきました。

>>高橋正樹のモテ男ブリにちょっと退く印象~
>>鈴木貴子・速見有美の2人を途中まで同一人物だと思っていた~
両方とも僕も同じなんです、実は(^_^;
でも全体としては透明感があってホントに面白かったですよね。
結構ハマっちゃったので、サントラ盤とメイキングDVDも購入予定です。
2005/09/22(木) 00:20:37 | URL | 杏仁豆腐 #kLZMaYrw [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
「青空のゆくえ」さて閑話休題、というわけではないんですが、ここのところブラックな作品が目白押しだったのでふらりと観に行ってしまいました。それは一服の清涼剤のような作品だった。見ていて気持ちの良くなるものでした。大切な友達がアメリカに転校することになった。
2005/12/22(木) 17:18:31 | 泥海ニ爆ゼル
10月25日(火)TOHOシネマズ木曽川にて中学3年生の夏。1学期も残りわずかなある日、ホームルームの最後に、バスケットボール部のキャプテン正樹(中山卓也)が、今学期限りでアメリカに転校することを発表。そして、「アメリカでもバスケを続けます。日本でやり残してい....
2005/10/30(日) 00:01:09 | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
本日は開場時間に間に合わなくて18:10によみうりホール到着。けど、まだ全員入場出来ていませんでした。なので「混んでる?」って思っていたけど、あれま…結局ガラガラとまでは行かないけど、空席目立つ状態にて開映。「チャーリーとチョコレート工場」「SHINOBI」
2005/10/28(金) 16:48:49 | ö????ġ(o)
クラスで一番人気の有るマサキが突然、アメリカに引っ越して転校することを発表。さらに『やり残した事がある、好きな子がいる。』と発言したので、クラス中が騒然となる。ストーリーの核はマサキがやり残した事と誰が好きなのかが軸に進みます。主演が森田彩華....
2005/10/05(水) 12:32:14 | オイラの妄想感想日記
中学生最後の夏、バスケット部のキャプテンで背が高くてかっこいいマサキが今学期が終わったらアメリカに転校することを宣言する。おまけに舞い上がったマサキは、「僕には好きな人がいました。やりのこしたことがひとつだけある。」なんていうから、みんな誰に告白する
2005/10/02(日) 00:26:58 | 気ままに映画日記☆
恒例の水曜日、1作目は「青空のゆくえ 」やったら、さわやかなんですけど・・・・感想の前に・・・私は、中学・高校と男子校、大学も理系だったので限りなく男子校。。。。思春期を迎えてから、教室の中に女の子がいたことがない。最近、雑誌など
2005/10/01(土) 01:14:20 | ドリアンいいたい放題
 「青空のゆくえ」(ムービーアイ)は、中学三年生の夏休みを描いた、爽やかでちょっとせつない物語。つい、あの頃を思い出さず
2005/09/29(木) 22:31:38 | 新作映画ピンポイント情報
今日は映画『青空のゆくえ』を見てきました。『新耳袋』や『あぶない刑事』のようなシリーズ物に比べると単発の映画は事前の話題が少ないので、ここでは今まで取り上げていなかっ
2005/09/22(木) 00:12:58 | 所有者はある中華デザート"リターンズ"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。