日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亡国のイージス
亡国のイージス (日本:2005年)

スタッフ
監督:阪本順治

出演:真田広之(仙石恒史:先任伍長)/寺尾アキラ(宮津弘隆:いそかぜ副長)/佐藤浩一(渥美大輔:防衛庁情報局(DAIS)内事本部長)/中井貴一(溝口哲也:FTG3等海佐)/勝地涼(如月行:いそかぜ1等海士)/チェ・ミンソ(ジョンヒ)/安藤政信(山崎謙二:FTG2等海尉)/原田芳雄(梶本幸一郎:内閣総理大臣)/吉田栄作(竹中勇:いそかぜ船務長)/谷原章介(風間雄大:いそかぜ水雷士)/豊原功補(杉浦丈司:いそかぜ砲雷長)/原田美枝子(宮津芳恵)/岸部一徳(瀬戸和馬:内閣情報官)/真木蔵人(宗蔵良昭:第204飛行隊1等空尉)/他

物 語
東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長は、先任伍長の仙石に、犯人が如月一等海士であると告げ、乗務員を艦から退去させる。しかし宮津は、某国の対日工作員、ヨンファと共謀し、特殊兵器「グソー」の照準を東京首都圏に合わせていた。その頃陸では、防衛庁情報局の渥美たちが対策に乗り出す。なす術を失った政府は、米軍の新型爆弾を使い、「いそかぜ」を空から消滅することを検討しはじめるが....。<goo映画より>
レビューは続きを

亡国のイージス
2005年は原作・福井晴敏の作品の映画化が人気?の様ですが、映画作品としては今ひとつの印象だったり、子供だましだったり...本作はそんな中でもまぁ普通に観賞できました。現在の邦画を支えている俳優陣達を贅沢に配し自衛隊等の協力もあり本格的ではあるのですが、この手の映画が成立するには日本は平和すぎるのか?リアリティから少し離れているからなのか?例えばコミック「沈黙の艦隊」で受けたような世界がひっくり返るような緊迫感や衝撃が感じられない「自分」を感じてしまいました。
ただ券を頂いての観賞で、ロードショーを終える劇場もある中、上映館を探して言ったのですが客席は6割位は埋まっていました。人気はあるのですね。

他の作品はLINKの「好奇心のゆくえ」で是非。
スポンサーサイト

テーマ:2005 夏映画! - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。