日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉄コン筋クリート
鉄コン筋クリート



鉄コン筋クリート (日本:2006年)

監督:マイケル・アイリス 原作:松本大洋

出演:二宮和也(クロ)/蒼井優(シロ)/木村(伊勢谷友介)/沢田刑事(宮藤官九郎)/
   本木雅弘(蛇)/他

物語:義理と人情とヤクザの町、宝町には2人の少年、クロとシロが住みついていた。親を知らない2人は、かつあげやかっぱらいで、毎日を過ごしていた。ある日、昔なじみのヤクザ、ねずみが町に戻って来る。何かが起ころうとしていると察したクロは、刑事の藤村、沢田に近づくが、確かな情報は得られなかった。が、実はレジャーランドの建設と、町の開発の話が水面下で進んでいた。町をそしてシロを守りたいクロは、狂気の行動に出るのだった…。
(goo映画より抜粋・参考に)
感想 :
2007年最初の観賞は劇場からスタート。原作も未読・映画の前知識も無しの状態で観賞しましたが、数分でこの宝町という世界にずっぽりとはまれる魅力作。今回声優初挑戦の蒼井優はココでも(声でも)他のキャラクターの存在感さえ喰ってしまう程の演技をしていました。◎アニメーションならではの精神世界の表現は作品事態がしっかりとしたものだったので退いたり冷めたりしませんでしたが、こういうのって逃げの演出になってしまったり、表現力が足りない演出をしてしまうとヤスっぽくなるので違う意味でドキドキしてしまった。w◎アニメーション映画が楽しめるか否かはその世界観や背景画もとても大切な要素とする僕としては充分楽しめる作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:鉄コン筋クリート - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。