日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦場のメリークリスマス
戦場のメリークリスマス (日本:1983年)

監督:大島渚

出演:デヴィッド・ボウイ(セリアズ)/ビートたけし(ハラ)/坂本龍一(ヨノイ大尉)/トム・コンティ(ローレンス)/他

物語 :1942年、ジャワ。山岳地帯の谷間レバクセンバタに日本軍の浮虜収容所がある。
まだ夜が明けきらない薄闇の中日本軍軍曹ハラは、将校宿舎に起居する英国軍中佐ロレンス
を叩き起こし、閲兵場に引き連れて行く。広場にはオランダ兵デ・ヨンと朝鮮人軍属カネモトが転がされていた。カネモトはデ・ヨンの独房に忍び込み彼を犯したのだ。ハラは独断で処置することを決め、万一の時の証人として流暢に日本語を操るロレンスを立ち合わせたのだった。そこへ、収容所長ヨノイ大尉が現れ、瞬時にして状況を察した彼はハラに後刻の報告を命じて、軍律会議出席のためバビヤダへ向かった。(goo映画より抜粋)
感想:
やっと観れた。今までに何度かTV放映もされた本作ですが、いっつも見逃してラストシーンのハラの「メリ~クリスマス ローレンス」のシーンだけ(ホンノ一瞬 w)を観ていたのみ、初めてこういう映画だと知る事が出来ました。戦時下には敵味方両方に正義など無い!でも友情や愛..はある!そして、したたかでなければ生き残れないリアルさも!兎に角最初からラストシーンまでを観賞できたことに感動!?
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。