日々の好奇心を赤っ恥かきながら発表!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーマン3 電子の要塞
スーパーマン3 電子の要塞 (アメリカ:1983年)

監督:リチャード・レスター

出演:クリストファー・リーヴ(クラーク・ケント:スーパーマン)/ジャッキー・クーパー(ペリー・ホワイト編集長)/マーゴット・キッダー(ロイス・レーン:女性記者)/リチャード・プライヤー(ガス・ゴーマン:天才プラグラマー)/マーク・マクルーア(ジミー・オルセン:カメラマン)/アネット・オトゥール(ラナ・ラング:クラークケントの初恋の人)/ロバート・ヴォーン(ロス・ウェブスター社長)/アニー・ロス(ベラ:ロス社長の妹)/ギャバン・オハリー(Brad)/他

物語 :
巨大コンピュータ産業会社の社長ロス・ウェブスターが見出した天才プログラマーと手を組み世界の富を独占しようと目論む!!それをことごとく阻止するスーパーマンを抹殺するべく、彼の弱点であるクリプトナイトの秘密を手に入れる。~そのころクラーク・ケントは学生時代の同窓会でかつてのアイドル・初恋の人ラナ・ラングと出逢い再び想いを募らせる。~ロス社長が生成したクリプナイトをスーパーマンに「それ」とは知られずに彼に贈ると、スーパーマンの人格は暗く汚れていく.....。
感想 :
スーパーマンシリーズ3作目は今までよりは、お子様向けというか、コメディ色が強くなっていた。冒頭のシーンなどクラーク・ケントが登場するまでは、バスター・キートンかチャップリンか?ラッキーとアンラッキーな偶然の連鎖が繰り広げられる。なにか雰囲気がかわったな~と思いつつストーリーが進むと「犯罪もコンピュータなら何でも出来ると言わんばかりに、気候を変えてしまったり、世界のタンカーを集合させてしまったり...」スーパーマンの技もかなりヒートアップ!「湖水表面の水を瞬時に凍らせ、そのまま直径数百~数キロの氷を持って飛んでいったり..」漫画的なぶっ飛び具合になっています。何より、前作までのヒロイン:ロイスと別行動の間に初恋の人に心が揺れたと思ったら最期はあんなコトに...人間・クラークケントは意外と図々しくない?と笑いながらも呆れた。※スカパー!にて3作連続放送だったが、まだ4作目が存在するのですね、観たいな...。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。